マーベロンは避妊効果だけでなくニキビ改善にも効果あり

日本ではあまりピルは普及していないですが、ピルは避妊効果があるだけではなく生理不順や生理痛などに対しても効果があるために、避妊目的だけではなく生理に悩まされている女性も服用をすると良いです。
ただ、薬である以上は副作用が心配であるという人もいます。
ピルにはたしかに副作用があり、吐き気や頭痛などの症状に悩まされる人もいて、特に血栓症には気をつける必要があります。
ただ、副作用として現れるのは比較的軽いものが多く、服用を続けるうちに収まる場合が多いので、医師に処方された分にはそれほど気にする必要はないです。
副作用と比べて、避妊効果以外にもメリットが多いので、積極的に利用した方が良いという意見もあります。
特にマーベロンは第三世代の低用量ピルと呼ばれていて、避妊効果が高いだけではなく、副作用の心配が少なくて済むので人気があります。
マーベロンは黄体ホルモンとしてデソゲストレル、卵胞ホルモンとしてエチニルエストラジオールが含まれていて、黄体ホルモンのデソゲストレルは他の黄体ホルモンと比べて男性ホルモン作用が少なくて済みます。
そのために、元々ピルは男性ホルモンの作用を抑える働きがあり、ニキビや吹き出物の改善効果がありますが、マーベロンは特に改善効果が出やすいので、大人ニキビに悩まされている人は改善する可能性が高いです。
また、マーベロンは一相性のピルであり、一相性というのは21ある錠剤の成分が全て同じようになっています。
二相性や三相性のピルというものもあり、二相性であれば錠剤に含まれている成分が二段階に変化し、三相性であれば三段階に変化します。
そうすると間違えて成分の異なる錠剤を呑んでしまうというミスが起きる可能性が出てきますが、一相性ならば全て同じなので扱いやすいです。