マーベロン処方する際のクリニックの初診料について

「マーベロン」とは、低用量ピルのことで、避妊の効能効果が期待でいる経口避妊薬の一つです。
用法通りに正しく服用することで、ほぼ100パーセントの避妊効果が実現します。しかし、飲み忘れなどがあると、避妊効果を下げるので注意が必要です。
低用量ピルは、28日サイクルでの服用となり、21日間同じ時間に1錠を毎日服用して、その後7日間を休薬期間とします。21日間服用後、2~3日で月経が起こる仕組みになっており、28日目からは月経が終わろうと終わってなかろうと、1シートを開始します。マーベロンには21と28という種類があり、21は錠剤が21錠、28は21錠がピルで、残りの7日間は偽薬です。飲み忘れを防ぐために、偽薬が存在します。又、一般的に避妊効果として知られていますが、その他、月経困難症や月経不順など婦人科系の疾患の改善に対しても使用されます。
では、マーベロンの低用量ピルは、どこで手に入れることができるのでしょうか。
マーベロンは、産婦人科などの専門医療機関のクリニックなどで処方してもらうことができます。
マーベロンは、保険適用外で、自由診療となるので、クリニックなどによって費用が異なります。
初診料も自費での計算となるので、最初に処方される際は、それなりの費用がかかります。初診料も自由診療となり、クリニックが自由に費用を定めることができます。初診料だけで相場は、2700~3000円でしょう。
マーベロンなどの低用量ピルの服用を希望する場合は、あらかじめ、お薬代と初診料代、検査代などがどれほどの費用がかかるのか、確認しておくと良いでしょう。
低用量ピルには、飲み始めは副作用などもあるので、医師としっかりと相談した上で、処方してもらうことが大切です。