低用量ピルに危険はないのか

低用量ピルというのは、おもに避妊を目的として開発された医薬品で、女性ホルモンと同じはたらきをもつ化学物質を有効成分として含んでいるため、排卵や子宮内での着床を抑制するという効能をもつものをいいます。
その代表例がマーベロンなどの名称で販売されているピルで、毎日きまった時間に1錠ずつ飲むことによって、ほぼ確実に避妊効果を上げることが可能であるほか、不快な月経前症候群(PMS)、月経困難症などを改善する目的でも投与されることが多いです。
こうした低用量ピルは、従来から流通していたピルにくらべると、有効成分としてのホルモンの分量が少なくなっているため、あまり深刻な副作用がなく、より安全に服用することができるといった特徴があります。
マーベロンは処方箋薬のため、国内では通販などは一般に行われていませんが、海外からの個人輸入として、少量だけを通販感覚で購入するというケースもあるようです。
ただし、ホルモンに対して体がどの程度敏感であるのかというのは、かなりの個人差がありますので、マーベロンのような製品であっても副作用が起こる場合は当然にあり得ます。
マーベロンの副作用としてよくありがちなのは、悪心、嘔吐、頭痛、胸の張りや痛み、月経過多などで、こうした症状は服用をはじめてから数日、長い場合でも2週間もあれば、しぜんと解消に向かうのが普通です。
そのほかの副作用としては、血管のなかに生じた血のかたまりが血管をふさいでしまい、血液が流れなくなってしまう血栓症のおそれが指摘されており、海外通販で購入する場合には、そのリスクを念頭におく必要があります。
血栓症にかかると、息が苦しくなる、頭や胸が激しく痛む、体の力が抜けたり麻痺したりするといった突発的な症状が出ることから、このような場合には、ただちに医療機関を受診して、適切な処置をしてもらうことが必要です。

低用量ピルの基礎知識を知ろう

マーベロンは、避妊の他にも、ニキビの治療に用いられています。ホルモンの働きを抑える効果があります。薬によるニキビの副作用がとても少ないことが特徴です。男性化の作用がない薬として改良をされました。そして、生理不順も改善されます。生理通も和らげる効果が期待されます。月経が始まってから、服用が開始されます。そして、決まった時間に服用を続けます。一日一錠服用をします。これを、21日間続けます。副作用は軽度で一時的なものです。
マーベロンは、病院で処方されます。しかし、マーベロンは個人輸入によって通販で購入できる薬です。そして通販で購入したほうが費用が少なくて済みます。全額自己負担の薬なので、病院の診察料や薬代は高いものとなります。しかし、通販を利用すれば時間を気にせずに購入することができます。婦人科検査などは、平日仕事をしている人には時間を確保するのは難しいことです。しかし、通販なら仕事が忙しくても購入することができるのです。このことから、通販を利用する人は増加傾向にあります。そして、まとめて購入をすれば、更に割引になることもあります。このように、時間も費用も節約できるのです。成分や配合量というのは、日本で処方されるものと同じです。通販においては、お店をしっかりと見極めることが大切です。一度利用をすると、手軽で便利なことがわかります。個人輸入というのは、法律でも許可されているものですから、安心して利用することができます。面倒な手続きもありません。信頼の出来る輸入の代行者を選び、手軽にマーベロンを手に入れている人は多く存在しています。届け先は、自宅が無難です。会社宛は、難しいことが多いのです。

通販でマーベロンを購入する際の注意

月経痛の軽減や避妊効果がある低用量ピルのマーベロン、国内で手に入れようと思えば、一般的には婦人科で診察を受け医師の診断を受けたのちでないと処方してもらえず、会計で支払う金額も、初診料金から診察代、そしてお薬代となるとかなりの出費になります。
ピルの金額は病院によってまちまちですが、こういったお薬は長期的に飲む方が多いので、これだけの負担を毎月しなければならないと考えると、やはり厳しいと感じる方が多いようです。
マーベロンは海外の薬品会社が製造しているピルなので、海外から輸入すれば、かなり格安で購入できると言われています。
我々一般人が手軽に輸入する方法としては、やはりインターネット通販の個人輸入代行会社を介して購入するほうが、一番手軽で安心して手に入れられます。
通販で輸入すれば、通院代も要らず、お薬そのものの値段も日本の病院で処方してもらう場合の三分の一程度で購入でき、中には半年分まとめて購入できる場合も多く、1シート当たりの金額もさらに値引きをしてもらえます。
国内の病院では医師によっては2カ月分、3カ月分をまとめて出してくれるところもありますが、基本的に毎月の通院が必要といわれることが多いようです。
最近、新聞記事などで、インターネット通販で取り扱われている医薬品には偽物が多いといった情報が載せられていますが、これは男性用のED治療薬など、高額な薬が大半を占めているようで、マーベロンのような安価な薬で偽薬を作る意味もないと考える方が妥当です。
しかし取り扱っているショップの信用度はきちんと調べた方が無難で、実績のある個人輸入代行業者を選んで注文することが大切です。
素人が海外の薬を輸入するのは何かと手続きが大変で、トラブルも起こりやすいため、必ず代行業者を介しましょう。