マーベロンを飲み忘れた時、対策は何かあるのか

マーベロンには1シート28錠のタイプと21錠のタイプの2種類があります。どちらの場合も効果、成分に違いはありません。28錠と21錠との差、残りの7錠は偽薬で、この期間に飲み忘れがあったとしても薬の中にホルモン成分は含まれていないので問題はありません。ただ、この期間以外の場合、つまり実薬を服用中のタイミングで飲み忘れがあった場合にはその飲み忘れの時間によって対策が異なってきます。
まず、その時間が24時間以内であった場合、このケースでは飲み忘れに気が付いた時点でその錠剤を飲めばマーベロンの効果が持続されます。あまりに時間がぎりぎりで心配だという人は、個別に別の避妊方法を検討してみるといいでしょう。人によっては避妊の効果が薄れて妊娠の可能性が残ることもあるので、避妊目的でマーベロンを使用しているという人は注意が必要です。
飲み忘れの時間が24時間を超えてしまった場合、このケースではマーベロンの効果がすでになくなっている状態なので実行可能な対策はありません。今期の避妊効果はもうあきらめて、次回の生理開始日から再び新しいピルシートをはじめていくことになります。
この間、もちろん避妊効果は得られないので、前者同様何かしらの避妊方法を行っていく必要があります。マーベロン飲み忘れの対策について、服用の際はしっかり押さえておくようにしましょう。
本来であれば、飲み忘れはないに越したことはないのですが、人によってはどうしてもそれが避けられないということもあるでしょう。マーベロンは飲み忘れによって避妊効果がなくなってしまうだけでなく、不正出血が促されてしまうこともあるので、変にトラブルが起きないようしっかりチェックしておくことが大切です。